2012/04/11  木村商店 新工場(山田町豊間根)その2

前々回、木村商店さんの新工場の様子をお伝えしましたが、
書ききれなかった「おいしそう」な商品の数々を「その2」として、ご紹介いたします。

真新しい工場で、この日されていた作業は、
名物いか徳利の成形、いかの塩辛のパック詰め、サバの味噌煮、昆布巻き・・・

木村商店 工場・いか塩辛(赤造り)
いかの塩辛(赤造り)です。(白造りとともに人気の商品)

奥には、大鍋が5つも並んでおり、サバの味噌煮と昆布巻きがグツグツ。
木村商店 昆布巻き鍋
昆布巻きのとってもおいしい香りが漂っていました。

木村商店 工場 作業風景
人気商品炊き込みご飯の素にラベル貼りの作業。(牡蠣ご飯の素の復活も待たれます。)

そして名物いか徳利の成形作業も見せていただきました。

木村商店 半生のいか徳利
空気を入れて膨らませ程良く乾燥させた状態のいかです!

木村商店 いか徳利
鮮やかな手さばきで、あっという間に形ができていきます。

いか徳利完成
いか徳利の完成です!!

本当に、いか「そのまま」なんですね。どうやって作るんだろう?と不思議に思っていましたが、
この技は見せてもらってもそう簡単には真似できませんね。と納得してしまいました。

新工場では、入口近くのガラス張りのコーナーでいか徳利の成形作業をしています。
(日にちや時間帯は製造スケジュールによって変わりますので、見学できたのはとってもラッキーでした。)

今後は、いか徳利作り体験等も増やしていかれるかも?そちらも楽しみです。


そして、帰りには直売所でしっかりお買い物。
木村商店直売所 社長直筆 POP
社長さん直筆の値札は、震災前から
各店頭やイベント出店の際にも、すっかり定着しています。

木村商店 豊間根工場 直売所
まだまだ、元通りとはいきませんが、品数もだいぶ増えています。

お近くへお出かけの際は、ぜひお寄りになってみて下さい!!
*ゴールデンウィークも5/3、4営業しております

■木村商店 豊間根工場■
岩手県下閉伊郡山田町豊間根7-30

大きな地図で見る
●営業時間:8:00~17:00
●定休日:土日祝日




2012/04/11 道の駅やまだ、浦の浜海水浴場(船越)

木村商店さんの豊間根工場を訪問後、「道の駅やまだ」に立ち寄りました。

道の駅やまだは津波の被害を逃れたと伺っており、建物や道路等は特に変わっていないように見えました。

120411-道の駅やまだ01


お昼も随分と過ぎた14時ごろでしたが、駐車場もいっぱいでレストランにも人がひっきりなしに訪れていました。

道の駅やまだに併設するレストランの名物?ともいえるワカメラーメン。
震災前に1度食べたのですが、ワカメを練り込んだ麺と塩加減の良いスープが特徴的でした。

120411-道の駅やまだ02
ワカメラーメン

この日も変わらない美味しさで、
変わらぬ味への感謝と喜びを噛みしめながらいただきました。

その他の海鮮を使ったものは販売中止となっていましたが、
ワカメラーメンは道の駅でもテイクアウト品として販売されいます。



その後、
道の駅やまだの前の45号線から海岸へ下った海岸を目指しました。

120411-道の駅やまだ 鯨と海の科学館看板




120411-道の駅やまだ 鯨と海の科学館01

道の駅山田 鯨と海の科学館02

道の駅の方まで津波はこなかったようですが、
少し下った場所にあった「鯨と海の科学館」は大きな被害を受けたことが伺えました。

小雨が降る中、クレーン車で作業が行われており、
ほんの少しの距離の移動で街の状況や景色が一変してしまったことに、改めて衝撃を受けました。




120411-道の駅やまだ 浦の浜海水浴01
浦の浜海水浴場

120411-道の駅やまだ 温泉
隣の「温泉浜の湯」

120411-道の駅やまだ 浦の浜海水浴02
津波によって、浜は削られ海と同化していました。

20107.7.26 山田町浦の浜海水浴場
2010/7/26撮影の浦の浜海水浴場

何度か遊びに来た海岸でもあったため、変わってしまった姿に言葉を失い、
思い出の地を失うことへの失望感を肌で感じました。

震災前は夏になると多くの海水浴客でにぎわっており、岩手の短い夏を楽しめる場所の1つでもありました。
この場所には県内外からもきっとたくさんの人たちの思い出があったのかと思うと、、、

町が復興するのと一緒に、海岸も以前と同じような姿を取り戻して欲しいと願います。




120411-道の駅やまだ かき小屋

山田と言えば「牡蠣」というほどの人気の特産物。
「かき小屋」は昨年の10月~再開しています。

復興かき小屋
http://www.town.yamada.iwate.jp/04_kankou/event/23kaki_goya.html

山田町HP
http://www.town.yamada.iwate.jp/

浦の浜海水浴場
http://www.iwatetabi.jp/spot/detail/03482/578.html


山田町浦の浜 地図

Googleマップ

2012/04/11  木村商店 新工場(山田町豊間根)

2012.04.11
山田町 木村商店
今年2月に完成した木村商店さんの新工場に伺いました。
昨年9月の末に、震災によってすべて流された工場跡地に建てられた仮作業場で、いか徳利の製造再開の様子を見せていただいてから、7か月が経ちました。
前回の様子はこちらから>>


水産加工品の工場のとしては意外な、田んぼに囲まれた静かな場所に、真新しい工場が建っていました。
木村商店 豊間根 新工場
(豊間根小学校前から見たところ。写真奥・道路を挟んで左手に見えるのが木村商店です)
木村商店 新工場 看板

工場内事務所の様子
木村商店 工場内
(備品の一部は、遠くは九州から寄せられた支援物資もあるそうで、確かにイスなど一個ずつバラバラなデザインものも。)

前回お邪魔した、元工場(現在も仮の加工場として一部製造を行っています)から、15キロほど内陸の山手にある新工場は長年親しんだ海沿いの工場に比べて、とても冷えるそうで、2月の完成から2カ月余り、水回りの凍結や配管など様々な不具合になやまされつつ春を迎え、ようやく少しずつ新工場での本格的な製造ができるようになってきたところとのこと。
(この日は、いか徳利、塩辛、サバの味噌煮、昆布巻きを作っていました。)→作業の様子は次回へ・・・

そんなお話をうかがっているところに、この日も忙しく飛び回っている社長さんが戻ってこられました。
毎日、睡眠時間を削って奔走されている社長さんにとっては、貴重なひと時の休憩時間だったはずなのですが、休む間もなくそのままお話を聞かせて下さいました。

新工場の土地は山田町の所有地で建物は中小機構の補助金で建てられたもの。
不足している備品など、遠くは九州から寄付されたものもあるそうですが、機械設備や内装、各種備品、ほとんどは自社の資金で用意したものです。

補助金には、様々な制約が多いため、其々の事情に応じた対応がされず必要な所に行き渡っていないのが現状。また、補助金がおりても、その内容には現場の状況が考慮されておらず(新工場の水まわりの不具合などもその一例)、実際稼働するためには様々な諸費用がかかり、その分の自社資金が必要になっています。誰のための支援なのか?問いたいと・・・。

様々な調整にご苦労される日々の中で、廃業する方がどれだけ楽かと感じることが多々あるとおっしゃりながらも、従業員のみなさんを守りたいという強い思いを語ってくださいました。

そして、自社のことのみならず、雇用保険や様々な外部組織の支援に頼ってしまう人が増えてしまっている地元の状況を大変憂いていらっしゃり、「楽な方を選んでしまうのが人情だよね」と寂しそうにおっしゃったのがとても印象的でした。

大切な人やかけがえのないものをたくさん失って、絶望してしまった人たちの気持ちをご自身の経験とも重ねてお話しされながら・・・。

それでも何とか自分で行動することの充実感、毎日働いて暮らしていく「普通の日常」を取り戻そうとする気力を持ってほしい。そして地元に活気を取り戻し、次の世代を育て、つないでいくために、きびしい状況でも営業を続けていくという決意が感じられました。

お忙しい中、当店の取材にまで、貴重なお時間を割いて下さり大変恐縮してしまいました。
地元山田の「復興」の為、先頭に立って行動される社長さん、
そして、いつも笑顔で対応してくださる、木村商店姉妹、従業員の皆様に今回も励まされた一日でした。

実はこちらの工場で直売もしています!!!
木村商店 豊間根工場 直売所
クチコミで地元の方もお買い物にいらっしゃるそうです。

■木村商店 豊間根工場■
岩手県下閉伊郡山田町豊間根7-30

大きな地図で見る
●営業時間:8:00~17:00
●定休日:土日祝日

それから・・・
同じ敷地内に工場がある他の4社と共同で加工販売「五篤丸(ごとくまる)水産」
を立ち上げて、震災前はライバルだった他社とも協力してオリジナル商品の販売なども始めるため、動き出されています。
http://gotokumaru.jp/
今後も、休む間もない木村商店さんですが、
お土産にいただいたサバの塩焼きは以前と変わらない、ほっとする「母の味」でした。
http://tokkuri.co.jp/

2012/03/01 田老ふるさと物産センター

すこし日にちが空いてしまいましたが、
3月1日田老漁協さんに伺った際に立ち寄った「田老ふるさと物産センター」のご紹介をいたします。


田老ふるさと物産センターさんは、田老漁協さんから歩いて10分ほどの場所にありました。

120301田老ふるさと物産センター場所説明
堤防の上から見た図


田老ふるさと物産センター01
プレハブで建てられた「田老ふるさと物産センター」


田老ふるさと物産センター02



田老 イカとちび

とっても可愛い看板犬とユニークなイカがお出迎えしてくれました。


田老ふるさと物産センターいか01


田老ふるさと物産センターいか02


店内では、近くにお店がないこともあって、
海藻類の乾物からインスタント食品・パンやお菓子など様々な商品が販売されていました。


震災前は、海にほど近い場所でお店を開いていらっしゃいましたが、津波の被害を受け、
今は仮設の状態ではありますが、田老の町のお店として再開され、県内のイベントなどにも参加されています。

以前の店舗情報
http://www.iwatetabi.jp/spot/detail/03202/432.html


お店の前で干していたイカは・・・?と伺うと
沖で獲れたイカを使ってオリジナルの「いかの塩辛」を製造されてるとのこと。
店内でも人気の商品のようで、この日も残り数個でした。


田老 いか塩辛
イカとふわたに醤油を加えた沖漬け風の塩辛

昔から漁師さんから愛されてきた、ちょっぴりしょっぱいけど病みつきになる味付け。


ワカメの取材に行ってきたと話すと、

震災前は「真崎わかめ」と言って知られていたけども、昨年の春は震災で販売ができなくなり、
4月から通販などで販売を再開してもどれだけのお客さんに戻ってきてもらえるのか・・・

と少し心配そうにお話をされていました。


そんな店主さんから、
ワカメ茎のオススメレシピも教えていただきました。

田老 ワカメの茎&キムチjpg
ワカメの茎のキムチ和え

茎のコリコリした食感とキムチのシャキシャキ感が◎!
キムチの絡みも茎と和えることでマイルドにで、自家製の塩辛と一緒に、お酒のおつまみとして美味しくいただきました。

ありがとうございました。




お店の看板犬は「ちび」というそうで、
別れがおしくなるぐらい人懐っこくて可愛かったです。

田老 ちび01

田老 ちび02

可愛いチビに癒されて帰るお客さんもいるのだろうなぁと思いながら、お店を後にしました。

田老の町に行かれた際には、是非立ち寄ってみてください。

田老ふるさと物産センター 地図


田老漁業協同組合 続・「塩蔵わかめ販売にむけて」

田老町漁業協同組合様より
早採りわかめが届きました。

画像-003

前回訪問した時の様子をお伝えしましたが、
わかめの出荷が始まったことで、まずは第一歩をふみだしたという活気が感じられ、
本当にうれしくなりました。

「収獲して発送する」
・・・長年当たり前のように繰り返されてきたことができす、
再開の見込みもたたない程の、想像を超える被害をうけられました。
やっと少しずつ動き出すまでの、この一年のご苦労を思わずにはいられません。

ここ数日、海が荒れたので、塩蔵ワカメの加工作業の開始は予定よりも少し遅れているとのことですが、
もうすぐです!「真崎わかめ」復活まで今しばらくお待ちください。

今シーズンはもうそろそろ終了の旬の味・早採りわかめ、
岩手に暮らす喜びをスタッフみんなでじっくり味わっていただきます。
ありがとうございました!!

画像-001
茎のところがおいしいんですよね~♪
[en]ブログについて

en (えん)

Author:en (えん)
東日本大震災により被害を受けられた、岩手のメーカーさん生産者さんの「今」と「これから」を、ショッピングサイト[もっと通・いわて]のスタッフがお伝えします。

*「もっと通・いわて」は、岩手県内の特産品を、メーカー・生産者のもとから直接全国の皆様にお届けいたします!

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
企業・地域別カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ツイッター
つながり
[en]と繋がる申請フォーム

この人とブロともになる

enブログのQRコード
QR