2013/3/13 大船渡屋台村でランチ

2013/3/13 

陸前高田へ向かう手前、丁度お昼どきということもあって
大船渡屋台村でランチしてきました。

130313大船渡屋台村02

屋台村には全部で20店のお店があるそうです。

メインは夜の飲み屋さんというところがほとんどのようですが、
半分ほどのお店はランチ営業もされてました。

ラーメン店、定食屋さん、海鮮丼屋さんetc.
さまざまな種類のお店があってとっても迷ったのですが、
カキフライ定食に惹かれて「えんがわ」さんへ・・・

130313大船渡屋台村01

外観も可愛らしいし、なんといっても「おふくろの味」というのがホッとしますね。

カウンター席(5~6人ぐらい)とテーブル席が1つ
豆電球の明かりが4つあり、柔らかな光に包まれた落ち着きのある店内
お仕事中でしたが、思わずゆったりとくつろいでしまいそうでした(笑)

130313大船渡屋台村03
カキフライ定食 750円(だったかな…)

もちろんメインはカキフライなんですが、
お味噌汁・お新香・ポテトサラダ全部美味しかったです!

カキフライも大きくて、女子にはちょこっとボリュームありすぎかもですが…
完食でした(^^)!

夜は単品メニューも豊富で、
ボトルキープされてる方もたっくさんいらっしゃるみたいでしたよ。

おかみさんとお母さんの人柄が伝わってくる、そんな素敵な味
大船渡での楽しみが1つ増えました。



大船渡屋台村HP
http://www.5502710.com/
住所:岩手県大船渡市大船渡町字野の田19-1

おふくろの味 えんがわ
http://engawa1960.5502710.com/
営業時間:11:30~15:00/17:30~22:00
定休日:月曜日


2013/03/13 八木澤商店

1年半以上もご無沙汰していた、八木澤醤油店さんに行ってきました!

あれから少しずつ製造を再開され、
現在は陸前高田に新しい事務所で営業されています。

20130313八木澤商店 事務所
使われなくなった宿を改装した新事務所

室内は木の香りと温かみのある大変落ち着きのある空間でした。
扉も「ふすま」と、とってもお洒落

ご無沙汰していたにも係わらず、担当さんや事務の方にも笑顔で迎えていただき
頭の下がるおもいでした。

スタッフさんの笑顔を見ていると、
社長さんがいかにみなさんのことを大切にされているか目に見えるようだなぁ・・・
と、そんな風に感じました。


新しい工場へ移転され製造も再開されていますが、醤油はまだまだ仕込み段階だそう。
すぐに完全製造再開といかないところにも、
お醤油をつくる難しさと、八木澤さんの製品に丁寧に向き合っている姿勢を感じます。


事務所には売店もあって、八木澤商店さんの醤油、味噌、タレ等も購入できます。

大人気のみそスイーツ!(通販では売り切れになることが多いそう)
「みそパンデロウ」&「みそチーズケーキ」も買うことができます。

また、こんな商品も
20130313八木澤商店 前掛け
八木澤商店オリジナル前掛け

厚手の頒布生地でできているので、長く活用できそうです
壁に飾られる方もいらっしゃるそうですよ


事務所の横側の壁は「なまこ壁」
20130313八木澤商店 事務所02

20130313八木澤商店 事務所03

職人さんが、これが最後の仕事になるかも・・とお話しながら作られたとのこと。
手作業とは思えない、滑らかな曲線とむらなく美しく整った一面。

いつか近くに自家製野菜を使ったレストランも出したいと専務さん。
夢が広がります!と笑顔でおっしゃっていました。

八木澤さんの美味しいお味噌と醤油に自家製野菜が食べれるレストラン。
まだまだ先のお話かもしれませんが、完成する日をいまから心待ちにしたいと思います。

------------------------

八木澤商店HP
http://www.yagisawa-s.co.jp/

------------------------

3月15日~20日開催
盛岡・川徳7F
「つなごう復興フェア」出店されます

http://www.kawatoku.com/
PDFチラシ
http://www.kawatoku.com/2013hukko-ouen/index.html

2013/3/13 陸前高田の一本松

震災から2年が経ちました。
お亡くなりになられた方々に改めてご冥福をお祈りいたします。
未だ行方のわからない方が1人でも多くご家族の元に戻れますように。。



3.13 陸前高田に訪れたときの様子をお伝えします。

陸前高田の海の前に広がっていた松林
今は「奇跡の一本松」と呼ばれる松が1本となりました。

メディアにも多くとりあげられ、地域の方々の希望となっている松ですが、
この日も松の近くまで歩いている方がチラホラと見受けられました。


130313-陸前高田 一本松03
車は看板と反対側の空きスペースに止めることができます。


130313-陸前高田 一本松
一本松までの道のり


130313-陸前高田 一本松02
現在は修復作業中ということもあり、手前までしか行くことができませんでした。


130313-陸前高田01
しおさい橋から海を臨む


130313-陸前高田 しおさい橋かもめ
しおさい橋のかもめ


130313-陸前高田03

130313-陸前高田04
一本松近くは左右どちらの瓦礫もなくなり、遠くの方で作業が続けられていました。


130313-陸前高田 砂浜

足元には、作業車ではすくい取ることのできなかったと思われる小さな瓦礫が一面に埋まっており
海岸の砂浜と混ざって踏み固められている状況です。


130313-陸前高田02
車を駐車していた場所から見た町


陸前高田の町に残った建物もほとんど壊される予定だそうです。
大きな瓦礫はなくなりましたが、町の再建としては本当にまだまだ始めることのできる状況ではないように感じました。

この日は曇り(少しの雨)でしたが、砂埃とトラックの騒音だけが響いていました。
街灯もなく夜の静けさは住民でないと想像することもできないのではないでしょうか。
2年たった今でも、その被害の大きさを感ぜずにはいられない、そう感じました。


例え同じ岩手県であったとしても
震災の被害があった町
と、一言でまとめることはできません。



一本松の3月22日に予定されていた完成記念式典は延期となったようですが、
少しでも早い完成され、人々の心休まる場所となるよう願います。





陸前高田市HP

http://www.city.rikuzentakata.iwate.jp/

陸前高田図書館ゆめプロジェクト
陸高ゆめプロジェクト

2012/4/26 津田商店(釜石)


4月26日
弊社が古くから大変お世話になっている、津田商店さんのパンフレット撮影に同行させていただいました。

訪れた日は工場が稼働して1週間という大変お忙しい中でしたが、
ご担当者の方や工場の方に案内していただき、震災からこれまでのお話もお聞きすることができました。


-------


津田商店
鵜住居に再建した津田商店さんの工場


津田商店さんは、本社を釜石市、工場を大槌町にかまえ、
全国の学校給食向けに、サバのホイル焼きやサンマのみぞれ煮等を製造し、食べやすい形態と味で親しまれていました。

しかし、東日本大震災によって工場や機材を失い、一時は従業員さんも解雇せざるを得ない状況となりました。


先の見えない中で、津田商店の社長さんは
「一旦は従業員を解雇するが、必ず再建し今までの従業員は全員無条件で再雇用する」
と、強い想いで決断をされました。


そんな決断から1年。

今年4月に工場を再建、稼働することとなりました。


↓以下からはご担当者の方とのお話、工場内のお写真を交えながらお伝えします↓
*ご担当者の方は「担当Aさん」と表記させていただきます。


-------

担当Aさん
「以前は約240人いた従業員は、現在は190人程度まで戻りました。震災以前から働いてる方は、7~8割程度です。
会社としては解雇時に元の従業員さんは無条件で受け入れると決めてました。
しかし、従業員さんの中には、家族の元へ移ったり、新しい職をみつけた方もいらっしゃるのが現状ですね。」



「工場での製造は先週から始めたばかりなので・・・
まだまだ不具合などもありますが、とりあえず作業を始めたという段階です。
新しい工場ですので以前と同じラインで作業することが難しく、そういった点も調節しながら製造をしています。
また、現在稼働中のほとんどの機械は新品ですが、一部は流されながらも修理して使っているものもあります。

工場内には、学校給食にもなる惣菜ラインと缶詰ラインの2種類があります。
惣菜のラインは、焼き・ホイル焼き・煮つけ、3種類それぞれ異なる商品を製造しています。」



そんな工場内をほんの一部ですが、ご紹介いたします。

サワラの照り焼き
津田商店 焼きサワラ
温かいうちに真空パックし、冷凍・殺菌保存され、発送されます。


サバのホイル焼
津田商店 サバ味噌
稼働したばかりとのこで、アルミホイルを流すラインの調節が行われていました。

製造のスピードとバランスがとても絶妙に流れているのは、
機械だけでなく、従業員さんの手作業があるからこそ。


さんま甘露煮
津田商店 サンマ甘露煮
加工室の隣の部屋には、切り身の加工室。

魚のさばき~製造まで、全ての加工を自社で行うことで、安定した品質と味をお届けすることができます。


缶詰ライン
津田商店 缶詰ライン
缶詰のラインは2種類。
こちらも生の魚~味付け、加工まで行っています。

惣菜、缶詰、両加工場共に、
定食屋さんのような魚や調味料の匂い、機械音、そしてたくさんの従業員さんがいらっしゃり、
まさに「工場稼働中!」といった活気で満ちていました。


担当Aさん
「今はまだ商品のラインナップも少ないが、徐々に増やしていきたいと思っています。

たくさんの従業員を抱える工場としては、まずは従業員さんへお給料を払うこと、
そして、そのお給料で県内やさまざまな場所でお買い物や消費をしていくこと、、、
こういった流れが、雇用状況の厳しい中で、少しでも地域貢献に繋がっていくのではないか考えています。

わたしたちの工場は再建できましたが、周りではまだまだ再開が難しいメーカーや企業さんもいらっしゃいます。
ですので、ハデなPRやそういったことはせず、地域のためにできることを1つ1つやっていきたいと・・・そんな想いです。」



津田商店 周辺
工場の周辺は仮設の建物が建設中でした。



津田商店 鵜住居周辺02
鵜住居地区周辺1
奥の橋の向こうは海。

津田商店 鵜住居周辺01
鵜住居地区周辺2


ご担当者の方は、とても優しくにこやかな方でしたが、
自身の奥様も一時津波に流され(その後救出され)たお話や、
社内での消防訓練時(人工呼吸訓練)に従業員さんが震災のショックで倒れられたりと・・・

改めて、さまざまな苦労があり、今があるのだということを感じました。

そして、
地域の人たちへの想いと復興へ願いを強く感じた、とても貴重な1日でした。
ありがとうございました。


5月28日に竣工式をむかえられる予定の津田商店さん
これからも全国の子供たちに美味しいお魚を届けていただきたいです!



津田商店
岩手県釜石市鵜住居町第10地割30-1


HP
http://www.tsudashouten.co.jp/


2012/04/11 山田町の仮設店舗

山田町は海沿いに商店街があったことから、震災でとても大きな被害をうけました。
更に、津波の後の火事もあり、沿岸近くのは現在でも家や商店などがほとんど見られない状況です。


そんな山田町の45号線を走っていると、見慣れた文字の看板を見つけました。

120411山田町 仮設店舗 看板
宮古から大槌方面へ向かって左側

写真では見えにくいですが、上から4番目に「山田の生せんべい」の文字。

気になって町の中に入っていくと・・・

120411山田町 仮設店舗01

120411山田町 仮設店舗02


仮設店舗と看板を発見。

しかし、中はまだ改装中のようでした。


ちょうど店舗の作業をされていた「三五十(みごと)」さんにお話しを伺ったところ、
「決まったオープンの日にちはなく、それぞの店舗が準備でき次第開店していく予定です。」
とのことでした。


三五十さんは4月30日にオープン
http://www.musicsecurities.com/blog/community_news.php?st=cal&bl=120&cg=21


他の店舗の方はいらっしゃらず、詳しいお話は聞くことができませんでしたが、
震災で店舗がなくなり、道の駅でも見る事ができなくなった「山田の生せんべい」が、こちらで買えるのはすごく嬉しい情報でした。

黒くて薄く大きく伸ばしたモチモチの生地が独特のおいしさで、
少し焼くと黒ごまの風味が引き立ち、また一段と美味しくなる。

そんな、県内でもファンが多いお煎餅です。


↓山田の生せんべい 5月2日より販売再開↓

山田せんべい復活支援プロジェクト
http://www5.hp-ez.com/hp/yamadasenbei/page4/bid-238801

岩手日報記事
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20120501_7



そして、
近くには飲み屋さんの仮設店舗もありました。

120411山田町 仮設店舗03
カラオケ喫茶、スナック、ラーメン屋さんなど、5店舗程入っていました。

120411山田町 仮設店舗04
奥の白い建物が「山田の生せんべい」のある店舗


他では食べる事のできない山田町の名物が少しずつ復活しています。
お近くを通られる際は、是非立ち寄ってみてください。



山田町マップ
Googleマップ
[en]ブログについて

en (えん)

Author:en (えん)
東日本大震災により被害を受けられた、岩手のメーカーさん生産者さんの「今」と「これから」を、ショッピングサイト[もっと通・いわて]のスタッフがお伝えします。

*「もっと通・いわて」は、岩手県内の特産品を、メーカー・生産者のもとから直接全国の皆様にお届けいたします!

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
企業・地域別カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ツイッター
つながり
[en]と繋がる申請フォーム

この人とブロともになる

enブログのQRコード
QR