2011/3/25 JFたろう 田老漁協(田老町)

3/25 田老漁業協同組合/JFたろう(田老)


三陸海岸の美しい情景を切り取ったような、真崎海岸のある田老町

真崎海岸の厳しい自然で育った、わかめは本当におしくて私も大好きな三陸ワカメが獲れる場所なんです。



そんな真崎わかめや海藻類の販売でいつもお世話になっていた、田老漁協さん。

震災から電話が繋がらず、担当さんや漁協の様子が気になっていて・・・

とにかく様子だけでも!

と思い(菅田さんを訪れた同日に) 伺いました。




そこで目にしたものは、想像以上の津波の脅威でした。


田老漁協01
JFたろう 田老漁業協同組合


私たちの担当さんはご無事でしたが、
漁協の1階が全て流され、組合員の方で連絡のつかない方もおられるという状況でした。

その他にも、「船・道具・養殖場も流された」
と、片付けの途中にもかかわらず丁寧にお話してくださいました。


「田老漁協は組合なので、今後は組合員の方がどれくらい残られるかで、漁協の存続が決まります」

「漁協としては、ボランティアを受け入れるだけの余裕がないので、行政からのそういった活動を求めたい」


田老漁協1階部分
田老漁協さんの1階部分

天井もボロボロです。


田老の要塞
漁協の前には、田老の要塞(見えてるのは3階部)


「田老の要塞」としても有名だった堤防がすぐ横にありました。

建物と比較しても、堤防はかなり大きくしっかりした造りです。

しかし周りに残った家や建物は少なく、ほとんどが瓦礫となっていました。


田老町01

「逃げ遅れて漁協の建物の3階まで上ったら、津波がゴォーっと来たよ。

 見てておもしろかったよ…」

と、

悲しげに、悔しげにお話されてました。


三陸のわかめとふのを、これからもっと力を入れて販売したい!と思っていた矢先でした。

また、3月が旬だった「春わかめ」
改めて、海の恵みが豊かであったこと思い知らせれました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

[en]ブログについて

en (えん)

Author:en (えん)
東日本大震災により被害を受けられた、岩手のメーカーさん生産者さんの「今」と「これから」を、ショッピングサイト[もっと通・いわて]のスタッフがお伝えします。

*「もっと通・いわて」は、岩手県内の特産品を、メーカー・生産者のもとから直接全国の皆様にお届けいたします!

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
企業・地域別カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ツイッター
つながり
[en]と繋がる申請フォーム

この人とブロともになる

enブログのQRコード
QR