2012/03/12

昨日
3月11日で、東日本大震災より1年が経過しました。


少しだけ、1年前のことを振り返りたいと思います。


内陸(盛岡)に住でいましたが、震災からの数日間はとにかく生きる事だけを考えていたと思います。

盛岡も3日ほど電気が復旧せず、断水や食品・ガソリン確保への不安から、とにかく節約し晩御飯の後は直ぐに就寝。
日々続く余震に眠れなかったと記憶しています。


地震=津波
という感覚さえも無いような状態だった私には、ラジオから伝えられる津波の高さと被害のようすでは見当もつかず、
津波が10mと言われても、それが街を呑みこむなんて全く想像ができませんでした。


電気が復旧し、沿岸地域の状況をテレビで見て言葉を失いました。
そして同時に自分に何かできることはあるだろうかと考えるようになりました。


私の仕事はインターネットで岩手県産品を販売し、お客様に届けることです。

ならば、せめて自分のお店に足を運んでくださった方に、
沿岸企業さんの状況・販売できない現状をお伝えし、今まで丹精込めて作られてきたそれぞれの商品が忘れられることなく、再開するその日まで心に留めておいていただけるようなお手伝いができないか?と考えるようになりました。

通販でお取引いただいてる沿岸の企業さんの中には、お会いしたこともない方もいらっしゃいました。
しかし、このenブログを始めるにあたって、多くの方々にお話しを伺うことをご承諾いただきました。

震災から1年。

このブログで
今までの活動に意味はあったのか・・・
傷付いた人々の心をえぐるようなことになっていないだろうか・・・
というような不安になることもあります。


続けること。

今はそれしかできませんが、小さなことであっても続けることで変わる事があると信じて続けていきたいと思います。



最後になりましたが、

enブログ掲載の為にご協力いただいている企業のみなさま、本当にありがとうございます。

そして、震災により犠牲となられました方々にご冥福をお祈りしますと共に、
被災したすべての地域が少しでも早く元気になっていけるよう心から願います。

チャリティーポストカード[温かい岩の手]

先日、日本最南端まで運ばれたポストカードをご紹介いたします。


ワイルドグレープファーム・チャリティー

「温かい岩の手」チャリティーポストカード


このチャリティーポストカードを企画・制作されているのは、八幡平で山ぶどう農家を営んでおられる
「八幡平山ぶどう農園(WILD GRAPE FARM)」の三浦さん。

普段は、山ぶどうを農薬を使わずに育て、そして無添加で山葡萄原液を作っていらっしゃる方です。

その傍ら、フォトグラファーとしても活動されているプロのカメラマンさんでもあります。


そんな三浦さんの、チャリティーポストカードへの想いを記載させていただきます。


*--------*--------*

神奈川県から岩手県八幡平市に移り住んで3年余り、やっと地元の方言にも馴染んできた頃、
3.11大震災が起き、巨大津波が沿岸部を襲いました。

メディアを通じて聞こえてくる苦痛の叫び…

今自分にできることは何か…。

岩手に住むフォトグラファーとして写真で表現するしかないと…

「いのちの絆」をテーマに岩手再生への願いと決意を込めた「温かい岩の手」とう作品を制作いたしました。

この写真を撮ることで、

「岩手を下支えてきた深いシワの刻まれたごつごつとした、けれど温かい農家の手が、
生まれたばかりのいのちを包みこんでいる。」

「温かい岩の手でこれからもずっと命を育み支えて行く」

そんなメッセージを込めることができればと、思っております。

フォトグラファー 三浦学

販売価格200円
*販売金額から50円を、日本赤十字社又は、岩手県の震災復興支援事業に寄付いたします。



*--------*--------*


三浦さんはこれまでも、八幡平の自然・農園の山ぶどう等
マクロな視点や季節によって変化する自然の優しい色を撮ってこられました。

wildgrape-farm-i05.jpg


wildgrape-farm-i01.jpg


中でも、動物たちの写真は特に人気があり、
岩手に生きる動物たちの生き生きとした表情をおさめていらっしゃいます。

ワイルドグレープファーム・フォトカード


そんな、ご自身の心が温かい三浦さんだからこそ、表現することができるお写真ではないかと感じています。




八幡平山ぶどう農園 WILD GRAPE FARM
http://www.wildgrapefarm.com/0engine/tokyo_bbs.cgi
*HPからもご注文承っております。


その他ポストカードの販売
・道の駅にしね
・Mahalo hair
・イオン盛岡南(結の市)
など


岩手の街角でお見かけの際には、是非お手にとってみてくださいね

遠く離れた沖縄県宮古市島からの温かい支援

岩手県から遠く離れた 沖縄県宮古島 の福祉施設

「ふれあいプラザ宮古」 さんから岩手県産品のご注文をいただきました。


11月19・20日の2日間、宮古島の産業まつりにて震災復興支援ブースを設置し、

東北の特産品などを販売してくださるとのこと!

*宮古毎日新聞HPより↓
http://www.miyakomainichi.com/2011/11/26649/



今回のご注文で担当の笠原さんという方とメールのやり取りをさせていただきました。

沢山の温かいお言葉と、イベントの写真を頂戴したのでぜひ皆さんにもご紹介させて下さい。

遠く離れた宮古島でも、東北の復興を願い支援活動をしてくださっています。



*下記は担当の笠原さんからのメッセージです。


****************************************************************************

私たちは宮古島にある、障害のある方たちが通所される施設です。

障がいがあってもレジ打ちを頑張って練習したり、袋ずめを頑張ったり…

岩手と沖縄、離れている土地ではございますが、「こちらでも何かできることを・・・」

と考えている方はたくさんおり、その方のお力になれたらと思っております。

小さな支援ですが、離れていても支援できる、離れていても届けられる想いがある事を、

宮古島の皆様にも伝えられたらと活動しようと思います。



*------------------------ <イベント終了後> ------------------------*



ふれあいプラザ宮古-2011-19-20




ふれあいプラザ宮古-2011-19-20
■手作りの東北の地図!



ふれあいプラザ宮古-2011-19-20




ふれあいプラザ宮古-2011-19-20
■POPも一つ一つスタッフさんが手作り!




ふれあいプラザ宮古-2011-19-20



ふれあいプラザ宮古-2011-19-20




19日、20日と2日間のイベントでしたが、20日の2時には商品を完売する事が出来ました。



岩手県の他、福島県、宮城県の物産を扱いましたが、それらの商品に触れているお客様は

商品の魅力にはもちろん、何かしたかったけれど出来なかったという想いや、

自分の思い出と重ね合わせて商品を手に取るお客様がいらっしゃいました。




1日目で地元の新聞にも取り上げられ、より一層お客様にお買い求めいただく形になりました。

東北3県の商品の宣伝をする事が出来たかどうかわかりませんが、精一杯させていただけたのは

ご協力いただけましたおかげです。本当にありがとうございました。




電動車いすの方が、会場中を宣伝して回り、病によりレジを打った経験が過去のものとなっていた方が

また再びレジを練習してお客様と会話する楽しみを思いだし…

少し寒かったけれど、たくさん声を出し、みんなで最後まで頑張りました。


岩手の皆さんに今回のイベントのご紹介いただけるなんてとても嬉しいです☆

どうぞよろしくお願いします!!



****************************************************************************




*---------------------------------------------*
ポストカードを見て、涙が出ました。
この仕事をして、「岩の手」の事を知る事が出来て、
本当に良かったと思いました。
この温かい手が、心を温めてくれました。
*---------------------------------------------*

*個人的に私からささやかな気持ちではありますが、
パンフレットと共に、チャリティーポストカード「岩の手」もお贈りさせてもらいました。

岩の手 チャリティーポストカード
● 岩手復興支援チャリティ・ポストカード 『温かい岩の手』




おそらく、日本の最南端へ、岩手の特産品と「岩の手チャリティーカード」を

お届けできたのではないでしょうか。


この出会いに感謝いたします。



本当に沢山の温かいお言葉と宮古島の方々の気持ちが伝わってきました。

こちらこそ本当にありがとうございました。




岩手県の沿岸にも 「宮古」 という地名があります。

津波により大きな爪痕が残りましたが、

いつかまた宮古島のような綺麗で豊かな海になり復活すると信じております。



書き始め

はじめまして

enスタッフ てぃもんです。

8/8にこのenブログを正式にスタートすることとなりました。

まずは震災当時のお話からの更新となりますので、今とは違う状況の企業さんがほとんどではございますが、

「3月の震災から今日までどのような道のりを歩んでこられたのか」

という事が、1人でも多くの人に読んでいただければ…と思っております。



また、一言に「復興」「再開」と申しましても、完全に震災前の状況に戻られているわけではありません。

販売を再開しても、ご支援してくださる方々のご要望にお答えするのが難しい事もある。というのが現状でございます。

しかし、あのような大震災を経ても沿岸地域の方々は前向きです!

一人ではない!自分だけじゃない!

そう思って進まれています。



スピーディーな更新とはいきませんが、
それぞれの企業さんの「今まで」と「これから」をお伝えしてゆきたいと思います。



気になること
気になる人
あれはどうなったの

などなど

ご質問も直接企業さんにお伝えいたしますので、スタッフまでご質問ください。


それでは、enブログと岩手・東北をよろしくお願いいたします
[en]ブログについて

en (えん)

Author:en (えん)
東日本大震災により被害を受けられた、岩手のメーカーさん生産者さんの「今」と「これから」を、ショッピングサイト[もっと通・いわて]のスタッフがお伝えします。

*「もっと通・いわて」は、岩手県内の特産品を、メーカー・生産者のもとから直接全国の皆様にお届けいたします!

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
企業・地域別カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ツイッター
つながり
[en]と繋がる申請フォーム

この人とブロともになる

enブログのQRコード
QR