[en]ブログについて

東日本大震災により、お亡くなりになられました方のご冥福をお祈りいたしますと共に、
ご遺族のみなさま、被災されました方々に心よりお見舞い申し上げます。

2011年3月11日・東日本大震災の日を、私たちは岩手県盛岡市にあります自社内でむかえました。岩手の県産品を扱うショッピングサイト「もっと通・いわて」の運営スタッフである私たちは、この日も受発注や、翌日お伺いする予定となっていた沿岸のメーカー様との打合せの用意など、普段通りの業務にあたっていました。そんな中で起こった突然の大きな揺れでした。

幸いなことに、当スタッフにも設備にも被害はありませんでしたが、停電が復旧し、断片的な情報が入り始めるにつれ、沿岸地域の想像を超える甚大な被害に、言葉をなくし、安否のわからない企業様の無事を祈ることしかできませんでした。


宮古市商店街
2011.3.27宮古市商店街


最初に沿岸部のメーカーさんとご連絡がとれた時は、言葉にならない、安堵と感謝と喜びと・・・いろいろな感情で胸がいっぱいになりました。そして、自分たちの無力を痛感し、「何かお役に立てることはないのか?」と考え続ける毎日でした。

盛岡市内では数日間の停電とその後しばらくのガソリン不足はあったものの、流通の復旧とともに、表面的には以前とかわらない生活が戻ったかの様にみえます。
沿岸部で被害を受けられながらも、ご苦労の末、早期に営業を再開されたメーカーさんもいらっしゃいます。


しかし、実際にはまだまだ長い道のり、元通りの営業ができているメーカーさんはごくわずかです。地域全体としての先行きが不透明な中で、大変ご苦労されながら「震災前と同じ状況ではないのでお客様にはご迷惑をおかけしてしまって・・・」とおっしゃるメーカーさんや、再開の目途すら立っていない企業様が数多くあります。


同じ岩手県内でありながら、盛岡という近くて遠い場所、そこにいる私たちのひとりひとりの心の中にも、あの日以来、常に「何かしなくては」という焦りの様な気持があります。

全国にも同じように被災された皆様を気遣う方々がたくさんいらっしゃることと思います。

この[en]ブログではそんな企業さんの「今」と「これから」の情報をお知らせいたします。
お読みくださった方と、岩手の企業さんとを繋いでいけるような、そしてそこからまた誰かの次の一歩へと繋がっていくようなそんな情報をお伝えし続けたいと思います。
[en]ブログについて

en (えん)

Author:en (えん)
東日本大震災により被害を受けられた、岩手のメーカーさん生産者さんの「今」と「これから」を、ショッピングサイト[もっと通・いわて]のスタッフがお伝えします。

*「もっと通・いわて」は、岩手県内の特産品を、メーカー・生産者のもとから直接全国の皆様にお届けいたします!

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
企業・地域別カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
ツイッター
つながり
[en]と繋がる申請フォーム

この人とブロともになる

enブログのQRコード
QR